JR寝台特急 サンライズ瀬戸で鉄道旅行!

寝台特急サンライズ瀬戸のシングルデラックスの乗車体験談

寝台特急「サンライズ瀬戸」のシングルデラックスをつい先日乗車してきました。


これはその体験談となります。


サンライズ瀬戸は、東京、品川、横浜から乗れる寝台特急となっており、途中の岡山までは寝台特急サンライズ出雲と一緒に連結して走っています。


岡山からは目的地が高松と出雲と別になるので、四国に行くサンライズ瀬戸が切り離されます。


そして、サンライズ瀬戸は高松へと向っていくのです。


わたしは、高松に帰郷する用事があったので利用しました。


今回は「シングルデラックス」の予約が取れたので、嬉しかったです。


シングルデラックスの部屋は部屋数が少ない関係で、あまり席が取れません。


それどころか、すぐに完売してしまうほどの人気なのです。


ですので取れた時は喜びました。


乗車してすぐに気付いたことは、すごく中がこじんまりしていますが、広がりを感じるゆったりとした空間がそこには広がっていました。


個室ですが中は思っていた以上に広かったです。


さすがにホテル並みの広さはありません。


列車の中での表現になるので、そこまで横は広くはないですが、それでも必要最低限のものは揃っていますし、夜を数時間過ごす程度であれば全く問題がありませんでした。


そして、嬉しいことにベッドも非常に寝心地が良かったです。


夜行バスの利用はありましたが、リクライニングでは寝にくい上に身体が必ずどこか痛くなるのが苦痛という体験談がありました。

しかし、個室でゆっくりと完全に横になれる寝台特急には非常に魅力を感じます。


あっという間に高松まで着いてしまいました。


22時に出発するので、乗ったときからもう夜も遅いので、そこまで遅くまで起きていませんから、起きた時にはもう着いているって感じです。


しかも新幹線などを利用するよりも、寝台特急を使ったほうが到着時間が早いので有効活用できるのがとても魅力的でした。


これがわたしとサンライズ瀬戸の乗車の体験談です。



リンクには、楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなどのアフィリエイトリンクもあります。

スポンサードリンク


 
トップページ サイトマップ 商品・サービスについて